1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

Twitter
pictlayer
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: 仕事

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

G-scan
最近、よくデジタルと言う言葉を耳にします。

車もその中の一つです。


たとえば、アクセルワイヤーは

最近の車にはありません。


アクセルをどれくらい踏み込んだかを

電気信号でコンピューターに送っています。


電気信号は目に見えないですね。

テスターを使えば簡単な物は解りますが

近年、CAN通信システム(コントローラー・エリア・ネットワーク)

を搭載された車両に変化しています。



CAN通信とは、CAN通信プロトコルと

呼ばれるコンピューター同士の通信の為のハードウエア、
 
ソフトウエアの取り決めに基づいた、通信のことである。



そこで、そのような車の診断をするときに
R0011978_convert_20081017152100.jpg
故障診断機が必要になってきます。

R0011979_convert_20081017151904.jpg


R0011960_convert_20081017152253.jpg
OBDⅡ端子につないで

R0011975_convert_20081017152748.jpg
進めていく必要があります。


プラス、理解出来る技術力も必要になってきます!


banner.jpg

b_01.gif

blog_convert_20080702081123.jpg

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

< /body>